インプラント

インプラント治療とは!?

インプラントは失った歯の代わりに人工的な根(人工歯根)を埋め込み、その上に人工的な歯冠を埋め込む治療法です。
まず顎(あご)の骨に人工歯根を直接埋め込み、骨と完全に固定されるまで2~4か月ほど待ちます。その後に人工歯根の上にクラウンなどをかぶせて完了します。

ノーベルバイオケア社より転用転載/無断転載厳禁

インプラントの最大の利点

これまでの失った歯を補う治療法(ブリッジや入れ歯)とインプラントとの一番の違いは、残っている歯や顎に大きな負担を求めることがないことです。
天然の歯と同様に顎の骨に直接支えられるため、インプラント自体に噛む力をしっかり負担する能力があり、そのため残された組織への負担を減らし、お口全体の長期的安定が期待できます。
また、入れ歯やブリッジに比べて安定感に優れているため、違和感が少なくおいしく物を食べられたり、人前でも自信を持って話したり笑ったりできるなど、QOL(生活の質)が飛躍的に向上します。

インプラント治療の基準とは

インプラント治療は、歯が欠損している場合や、歯周病や虫歯で歯が残せない場合など、およそすべての場合に適用可能です。特に次のような症状でお困りの方には適しています。

  • 入れ歯が合わない、痛い、良く噛めない、食事が楽しくない、会話や発音がうまくいかない、入れ歯を入れていること自体がコンプレックスになっている、場合など
  • ブリッジをするために健康な歯を削りたくない場合。
  • 欠けている歯の数が多く、ブリッジを支える歯と歯の間が広すぎる場合や奥の歯が欠けていてブリッジができない場合。
  • 多くの歯を喪失したため、顎の位置がくるい、噛み合わせが不正になってしまった場合。

インプラント治療をより安全に成功させるための取り組み

1.世界的に信頼を得ているブランドの安全なインプラントを使用

当医院は世界レベルで信用の高いインプラントをそろえ、その方の顎の状態に最も適したインプラントを選出いたします。
取り扱いインプラント:ノーベルバイオケア(スウェーデン)、3i(U.S.A)、Zimmer(U.S.A)、straumann(スイス)

2.的確な診断

診断のために必要に応じてCT撮影を行い、インプラント埋入シミュレーションソフトにて、顎の骨を3次元的に正確に把握することによって、より安全な手術を行うことができます。

3.滅菌対策

インプラント埋入術が行われる日の午後半日は、他の治療の予約は一切控え、徹底した院内清掃を行います。また施術時の感染の可能性を100%排除するために、徹底的な滅菌作業を行っております

4.様々な症例に対応

当院は開業以来、インプラント治療のたくさんの技術を習得し、様々な症例に対応してまいりました。他院で治療を断られた経験がある方もお気軽にご相談ください。

5.最先端の光機能化技術―スーパーオッセオインテグレーション

表面加工後(新鮮状態)・加工後4週間保管後

インプラント治療に使われる材料はチタン、またはチタン合金です。このチタンインプラントと骨が強固に接着することがインプラント治療の成功の条件となります。ところが最近の研究では、未開封、未使用の状態でもインプラント体表面には空気中の炭素が付着してしまい、使用する時点では骨細胞との接着力が大幅に低下した状態にあることが明らかとなりました。この劣化現象は、製造後1週間以降から徐々に進行して、骨となじむ力や接着する力、さらには骨を造るのに必要な細胞を引き寄せる力が落ちることが判ってきました。これをチタンの生物学的老化(チタンのエージング)と呼びます。

このチタンの老化を解決するために開発されたのが光機能化技術です。インプラントの表面に一定の波長の光をあてることでチタンの機能を回復し、インプラントと骨が最も接着しやすい状態をつくります。

超血液親和性の獲得

インプラントの光機能化によって次のような効果が考えられます。
  • インプラントがより早く、より強固に骨と接着するため、治療の成功率が高まる。
  • 歯をつくるまでに要する期間が短縮できる。
  • 条件の悪い、難しい症例においてもインプラント治療を比較的かんたんに適用できる可能性が上がる。

岡歯科医院では、インプラントの適応範囲を広げ、より安心してインプラント治療をお受けいただくために、H25.4月より光機能化をインプラント全症例に導入しております。

インプラントのトラブルおよび対処法について

1.インプラントと骨との統合が悪い場合

現在のインプラントは、骨との統合によって支えられていますが、手術直後の時期に大きな力が加わったり、細菌による感染が起きたり、また、骨自体の活性が悪い場合などは、この統合を悪化させる条件となってしまいます。特に糖尿病や喫煙習慣はこの要因となります。

2.プラークコントロールが悪い場合

患者さんの多くは歯周病によって歯を失っており、インプラントの治療後も、同じような疾患がインプラントの周囲に生じる危険があります。

3.インプラントに過重な負担がかかる場合

歯ぎしりや噛み癖などにより、予想外の力がインプラントに働き、セメントやネジで止めてある人工歯の部分が外れたり、ゆるんだりすることがあります。この場合は、噛み合わせを調整し、付け直したり、締め直したりすれば問題ありません。また、人工の歯が欠けた場合は、人工の歯を一度外して修理する場合もあります。
また、稀にインプラントを止めているネジが折れることがあり、その場合はネジの交換を行います。

もし、インプラントが抜けてしまった場合、骨のダメージが少なければ、骨ができるのを待つために少し時間をおいて、再度インプラントの埋入が可能です。
また、骨のダメージが大きくても、骨のないところに骨をつくる技術がありますので、ほとんどの場合、再びインプラントを行うことができます。

治療費および保証制度ついて

インプラントは状況や使う材料によって、かかる費用が多少異なりますが、手術、かぶせ物を含めての大まかな費用(消費税込)は1本目が34~42万円、2本目以降からは28~36万円となります。
また、顎の骨がやせていて通常ではインプラントが不可能な場合、GBR(骨誘導再生法)やサイナスリフト(上顎洞挙上術)など特殊手術の費用がかかります。オールオン4については、インプラント4~6本で185~230万円位です。
当院では、インプラント治療は常に最新、最高品質の素材や材料を使用しております。

※インプラントは保険適用外の自由診療になります。
※治療内容によっては、仮歯代がかかる場合があります。
※麻酔医による「静脈鎮静法」は別途¥86,400必要になります。
※CT撮影については専門機関での撮影を推奨しております。費用は2,5~3,5万円位です。
※シミュレーションソフトによる診断を行う場合、CT画像分析料¥21,600なります。
※治療内容はお一人お一人で異なりますのでお気軽にご相談ください。

当院ではインプラント埋入日から5年間の保証期間を設けております。なぜ5年間なのかと申しますと、論文などに用いられるインプラントの成功の基準とは、5年間問題がなかった場合に限られます。つまり、何らかの問題が生じる場合はほとんどが5年以内に起きることが科学的に証明されているのです。
5年以上経過して、かぶせ物の老朽化に伴う部品の交換等の必要性が出た場合はインプラント本体はいじらずに済むため、実費のみのご請求となります。
保証を受ける条件として、定期健診は必ずお受けくださいますようお願いします。